]

ぽっかり穴ってなに?

1、ぽっかり穴は他次元の存在です。

われわれは住んでいるこの世界が当たり前と思っています。
それは混乱があり、戦争があり、諍いがあり、苦しみがあり、というこの世です。それが不調和波動の世界です。この世界でみんなが苦しんでいます。
ところが、それは幻想の世界なのです。
それを現実だと思い込んでいるから苦しむのです。
「ぽっかり穴」だけが真実の世界なのです。
人は「ぽっかり穴」によって他次元に繋がってこそ、究極の幸せがもたらされるのです。
それが実際に、ドラえもんのどこでもドアのように、事実として在る、というのです。
その世界ではすべての問題が消え去っています。
そして、それが永遠の命なのです。
それは魂と同じものです。
魂のない人生なんてあり得ないのですが、
われわれは思考にはまることで、
「ぽっかり穴」=魂を見忘れているのです。
それが、すべての混乱の原因なのです。
だから、「ぽっかり穴」を発見しさえすればすべての問題が解決します。


2、どうすれば「ぽっかり穴」になれるの?
われわれは思考が自分だと勘違いしています。
それはこの世界の不調和波動に染められてしまっているのです。
例えば、ラジオは電波によって鳴らされているのに、音が自分だと勘違いしています。すると、ラジオは自分の正体に気づくことができません。ラジオが音を消すと、自分の正体に気づくことができます。
それが瞑想です。
一点集中見る見るをすると、思考が消えます。
すると、本当のあなた、すなわち「ぽっかり穴」としての
あなたが現れてきます。
瞑想についての詳細はこのホームページに掲載されてありますので、そこを参照ください。

3、どのようにすれば「ぽっかり穴」を発見できるの?
人間は永遠の命をつないでいます。
それが「ぽっかり穴」であり、それが両親の真髄です。
両親を見ると、「ぽっかり穴」を発見できます。
ところが、
われわれが思考にはまって、
その表顔だけの両親を両親だと思いこんで、
その奥にある「ぽっかり穴」の両親を見ることできていません。
それが問題です。
一点集中見る見るで思考が消えた目で両親を見ると、
その中心に「ぽっかり穴」が発見できます。
これが最も簡単に見つける方法です。
なぜなら、われわれは両親と「ぽっかり穴」=魂でつながっているからです。そしてその上の両親、さらにその上の両親と「ぽっかり穴」で無限につながっています。
それが魂です。
わたしの治療の根幹がこれを発見してもらうことです。
「ぽっかり穴」は無限なる命であり、
魂ですから、いつでもどこでも、見ようと思いさえすれば、両親の中心にあるものです。

4、「ぽっかり穴」ってどんな感じ?
「ぽっかり穴」は他次元の存在ですから
現次元のもののように見えることはありません。
在るようで、無いようで、在るもの、と表現しています。
無限に突き抜けている穴のような感じ。
ただの穴ではなく、底が抜けている穴です。
地面に掘られた穴のようではなく、
こいのぼりの口から尻尾まで穴が開いているような感じ。
トンネルも必ず向こう側に穴が開いています。
そして、トンネルの先には天国があります。
そんな感じです。
それは確実にあります。
しかも、いつでも、どこでもあります。
あなたの肉体が死んでもそれは無限にあります。
だから、「ぽっかり穴」としてのあなたは無限なるものなのです。
ただ、あなたが思考にはまって気づいていなかっただけなのです。

5、「ぽっかり穴」の中ではすべてが一つです。
われわれが住んでいるこの世は個々バラバラの世界です(不調和波動の世界)。そこにわたしという個人がいます。
個人という存在は幻想でしかありません。
それは嘘の世界です。
真実は「ぽっかり穴」の世界です。
すなわち、そこには個人などという存在はなく、すべてが一つです。
だから、わたしに対抗するものないし、わたしと格闘するものない、すべてがわたしなのですから。
そこではすべてが一つになって調和しています。
ただ、わたしだけが無限に存在している世界です。